黒木イン便り

名刺の「箔押し加工」とは?

渡した相手にしっかりと覚えてもらえる名刺が作りたいですか?箔押し加工された名刺なら、金箔や銀箔、様々な色の箔を熱によって圧着しているので、渡した相手に高級感や強いインパクトを与えるので、印象深い名刺が作れますので、チェックしてみましょう。

名刺の箔押し加工とは、名刺を印刷した後におこなわれる加工です。

名刺の印刷面に、金箔や銀箔などの金属の箔を熱によって圧着する加工で、通常の印刷されただけの名刺よりも、偽造が難しいという特徴もあります。

箔押し自体は立体的な加工ではありませんが、箔特有の強い質感が出るので、渡した相手に高級感と強いインパクトを与えることができる加工であるといえるでしょう。

色の種類も金箔や銀箔だけではなく、青や赤、白などの顔料箔も含め、多いところでは16色もの取扱いがあるところもあります。

ただ、気を付けたいのは、箔押し加工は、その特性上あまり細いところには向かない加工であるということ。

細いところはかすれてしまう可能性があるので、最低でも文字は8pt以上にするなどの配慮が必要になります。

また、箔押し加工専用のテンプレートがある場合もありますので、データ入稿の際には注意しましょう。

名刺作成のmeishi21


Posted by: admin | Category: ビジネス関連 | Comments (0)
© 黒木イン便り | 'LadyWorld' Wordpress Theme designed by ATILLUS